ワセリンの部分使いで乾燥から肌を保護

私は部分的に乾燥肌体質で、冬になると特に口の周りが乾燥しやすくなります。そこで、乾燥が酷い時には、普段使っている化粧水とクリームを顔全体に塗った後、口の周りなどにワセリンを塗ることがあります。ワセリンは軟膏の基材となっているものなので、多少口に入っても大丈夫なのだそうです。口角が切れた時などは結構たっぷりと塗ったりすることもあります。切れた部分も2、3日で治ります。さすがに、顔全体にワセリンを塗るとベトつきが気になりますが、部分的の使用ならそれほど気になりません。ワセリンはたるみ毛穴対策力が高いので、肌を乾燥からしっかりと守ってくれます。

乾燥肌に悩む私を救ってくれたのは意外なアイテム

年間を通して乾燥肌に悩んでいる私は、当然の事ながら冬に正念場を迎えます。

 

秋口から徐々に顔がカサカサし始めるので念入りなたるみ毛穴対策が欠かせず、それでもファンデーションを塗ると口の周りが粉を吹き始めて酷い状態の時には皮膚の皮がめくれてくる事もあるほどです。

 

良いと評判の高価なスキンケア化粧品を片っ端から試してみたもののあまり効果は感じられず、何気なく家にあったワセリンを塗ってみたところ思いがけずたるみ毛穴対策効果が高くて驚いてしまいました。

 

最近は化粧品の銘柄にこだわる事なく、使用感は「しっとりお肌用」の物を選び、仕上げにワセリンを顔全体に塗るというだけのスキンケアを行っていますが効果は絶大です。

たるみ毛穴対策に使ったオールインワンゲル

もともと混合肌なのですが、秋冬になると乾燥が気になります。

うっかりしていると、ファンデーションを付けると粉っぽくなってしまいます。

 

乾燥については基本的には夜のケアに重点を置いていますが、昼間のケアには手軽なオールインワンゲルを利用する事が多いです。
オールインワンですとやはり機能的に「大丈夫かしら?」と思います。
実際試してみて乾燥が全然改善されなくて、使わなくなったものもあります。

 

しかしフレッシェルのEX濃厚たるみ毛穴対策は効果があったように感じます。
普通のたるみ毛穴対策もあるのですが、前回の事もあったのでより効果の高そうなものを選びました。
私にとっては少々ベタつく感じもありましたが、乾燥は防げました。
しっとりもちもちになるので、その後のメイクのノリもいいです。